arrow_back

百人一首 - 二十九番 -

二十九番 / 凡河内躬恒

二十九番
原文
心あてに 折らばや折らむ 初霜の
置きまどはせる 白菊の花
こころあてに をらばやをらむ はつしもの
おきまどはせる しらぎくのはな
無造作に折ろうとすれば、果たして折れるだろうか。一面に降りた初霜の白さに、いずれが霜か白菊の花か見分けもつかないほどなのに。