arrow_back

百人一首 - 二十八番 -

二十八番 / 源宗于朝臣

二十八番
原文
山里は 冬ぞさびしさ まさりける
人目も草も かれぬと思へば
やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける
ひとめもくさも かれぬとおもへば
山里はいつの季節でも寂しいが、冬はとりわけ寂しく感じられる。尋ねてくれる人も途絶え、慰めの草も枯れてしまうのだと思うと。