百人一首 - 二十七番 -

二十七番

二十七番 / 中納言兼輔

原文

みかの原 わきて流るる いづみ川
いつ見きとてか 恋しかるらむ

みかのはら わきてながるる いづみがは
いつみきとてか こひしかるらむ

みかの原を湧き出て流れる泉川よ、(その「いつ」という言葉ではないが) その人をいつ見たといっては、恋しく思ってしまう。本当は一度たりとも見たこともないのに。