arrow_back

百人一首 - 二十六番 -

二十六番 / 貞信公

二十六番
原文
小倉山 峰の紅葉ば 心あらば
今ひとたびの みゆき待たなむ
をぐらやま みねのもみぢば こころあらば
いまひとたびの みゆきまたなむ
小倉山の峰の美しい紅葉の葉よ、もしお前に哀れむ心があるならば、散るのを急がず、もう一度の行幸をお待ち申していてくれないか。