百人一首 - 二十四番 -

二十四番

二十四番 / 菅家

原文

このたびは ぬさもとりあへず 手向山
紅葉のにしき 神のまにまに

このたびは ぬさもとりあへず たむけやま
もみぢのにしき かみのまにまに

今度の旅は急いで発ちましたので、捧げるぬさを用意することも出来ませんでした。しかし、この手向山の美しい紅葉をぬさとして捧げますので、どうかお心のままにお受け取りください。