arrow_back

百人一首 - 二十三番 -

二十三番 / 大江千里

二十三番
原文
月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ
わが身ひとつの 秋にはあらねど
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ
わがみひとつの あきにはあらねど
秋の月を眺めてていると、様々と思い起こされ物悲しいことです。秋はわたしひとりだけにやって来たのではないのですが。