百人一首 - 二十二番 -

二十二番

二十二番 / 文屋康秀

原文

吹くからに 秋の草木の しをるれば
むべ山風を あらしといふらむ

くからに あきのくさきの しをるれば
むべやまかぜを あらしといふらむ

山風が吹きおろしてくると、たちまち秋の草や木が萎れてしまうので、きっと山風のことを「嵐(荒らし)」いうのだろう。