arrow_back

百人一首 - 二十一番 -

二十一番 / 素性法師

二十一番
原文
今来むと いひしばかりに 長月の
有明の月を 待ち出でつるかな
いまこむと いひしばかりに ながつきの
ありあけのつきを まちいでつるかな
「今すぐに行きましょう」とあなたがおっしゃったので、(その言葉を信じて) 九月の長い夜を待っていましたが、とうとう有明の月が出る頃を迎えてしまいました。