百人一首 - 二十番 -

二十番

二十番 / 元良親王

二十番

原文

わびぬれば 今はた同じ 難波なる
身をつくしても 逢はむとぞ思ふ

わびぬれば いまはたおなじ なにはなる
みをつくしても あはむとぞおもふ

あなたにお逢いできなくて) このように思いわびて暮らしていると、今はもう身を捨てたのと同じことです。いっそのこと、あの難波のみおつくしのように、この身を捨ててもお会いしたいと思っています。