百人一首 - 十九番 -

十九番

十九番 / 伊勢

原文

難波潟 短かき蘆の 節の間も
逢はでこの世を 過ぐしてよとや

なにはがた みじかきあしの ふしのまも
あはでこのよを すぐしてよとや

難波潟の入り江に茂っている芦の、短い節と節の間のような短い時間でさえお会いしたいのに、それも叶わず、この世を過していけとおっしゃるのでしょうか。