百人一首 - 十八番 -

十八番

十八番 / 藤原敏行朝臣

原文

住の江の 岸に寄る波 よるさへや
夢のかよひ路 人目よくらむ

みのえの きしによるなみ よるさへや
ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

住の江の岸に打ち寄せる波のように (いつもあなたに会いたいのだが)、 どうして夜の夢の中でさえ、あなたは人目をはばかって会ってはくれないのだろう。