百人一首 - 十七番 -

十七番

十七番 / 在原業平朝臣

原文

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川
からくれなゐに 水くくるとは

ちはやぶる かみよもきかず たつたがは
からくれなゐに みづくくるとは

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。