百人一首 - 十二番 -

十二番

十二番 / 僧正遍昭

原文

天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ
乙女の姿 しばしとどめむ

あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ
をとめのすがた しばしとどめむ

空吹く風よ、雲の中にあるという(天に通じる)道を吹いて閉じてくれないか。(天に帰っていく)乙女たちの姿を、しばらくここに引き留めておきたいから。