百人一首 - 百番 -

百番

百番 / 順徳院

原文

ももしきや 古き軒端の しのぶにも
なほあまりある 昔なりけり

ももしきや ふるきのきばの しのぶにも
なほあまりある むかしなりけり

宮中の古びた軒先に忍んで生えている草を見るにつけて、いくら偲(しの)んでも偲びきれないのは、昔の(よく治まっていた)御代(みよ、天皇の治世のこと)であることよ。